オリジナルTシャツ作りに役立つパーツ&道具

これからの季節Tシャツを着る機会が多くなりますね。デザイン性豊かで人と被らないようなTシャツが着たいといった方やイベントで使う目的でオリジナルTシャツを作りたいと思っている方もいらっしゃると思います。あまり馴染みのないオリジナルTシャツはまずなにから始めたらいいかわからないことも多いです。オリジナルTシャツ作りへのアプローチは「大人数で着る場合」と「個人で着る場合」の2通りあります。前者はネットで依頼して大量に発注をかけると楽に制作することができます。また後者は、自分でインクやアイロンなどを用いてデザインすることで手早く、かつ安く仕上げることができます。今回はTシャツを作るにあたって大人数の場合と個人の場合、それぞれの制作に役立つ道具やおすすめの作り方についてお伝えします。

大人数用Tシャツ制作におススメの作り方

大人数で同じTシャツを着る際に役立つのは何と言ってもオリジナルTシャツ制作専門会社です。一度デザインを入稿してしまえば何枚でも同じ柄でTシャツを作ることが可能です。また、大量に作れば作るほど一枚当たりの値段が下がるのも特徴です。オリジナルTシャツ制作会社に要望を伝えてデザインを一任することもできますが、より好みのものや安く作るには自分でデザインすることをおススメします。可能であればPhotoshopやillustrator、その他ネット上のフリーソフトとペンタブなどを使ってデザインすればより一層素敵な物を作ることができます。またそこまで本格的にデザインすることができない場合でも、制作会社の専用サイトでデザインに使えるフリーのイラストやフォントなどを配布している場合があるので利用してみるのもおススメです。

個人用Tシャツ制作におススメの作り方

自分だけが着る場合は無地のTシャツから作るといいでしょう。インクを用いる作り方とアイロンプリントシートを用いる2つの作り方があります。前者ではデザインしたいものの切り抜きと専用のインクを使い、Tシャツの一部を染めるようにして作ります。後者ではデザインしたいものの切り抜きとアイロンプリントシートと呼ばれるものをアイロンで圧着して色をつけます。インクを使うものは単色のもの、プリントシートを使うものはカラフルなデザインにおススメです。使用するものによっては複数回洗濯すると色落ちしてくるものがあるので注意が必要です。個人用のTシャツの場合オリジナルTシャツ専門会社に依頼をすると高くつく場合が多いですがそういった心配は少なくなります。長く着続けたいのかワンシーズンだけでいいのか、値段と相談して自分にあったオリジナルTシャツ作りをすることをおススメします。