リメイクでオリジナルTシャツを作る方法

中学や高校の文化祭、地域のお祭りや習い事など様々な場面で着用されるオリジナルTシャツを誰でも簡単に作る方法をお教えします。先ずオリジナルTシャツの価格ですが、これは正直枚数やデザインによっても大きく異なってきます。一色で簡単シンプルなデザインのオリジナルTシャツを100枚くらい作るというのであれば、枚数による割引などもあるでしょうから一枚単価にすると1,000円以下で作る事も可能です。ただ凝ったデザインで枚数は10枚ほどとなると少々値が張る可能性もありますが、今はオリジナルTシャツ作りを請け負ってくれるサイトが多数ありますので、上手く探せば10枚程であっても先ほどと同じく1,000円以内で作る事もできるのです。ポイントはオリジナルTシャツの発注から発送までを全て一貫して行う業者を見つける事にあります。

オリジナルTシャツを作りたいと思ったらネットで調べる

では実際にオリジナルTシャツを作ろうと思ったら先ずは何をするのかですが、最初に必要なのは作成する枚数でも色でもなくオリジナルTシャツそのもののデザインです。これは予め作成したものを持ち込んだりネットで送ったりする事もできるのですが、それよりも直接業者のサイトを開きWebからデザインする方法が一番簡単な方法となります。全くデザインなどに自信がないという人でも大丈夫、Tシャツに入れたい文字を入力してレイアウトを画面上で見ながら字体を選択、他に何かイラストなどを入れたければ自分で描かなくても様々な素材からスタンプとして貼り付ける事もできます。また写真をレイアウトする事もできるので、お祭りでたこ焼きの屋台をやるので商品を載せたいという場合なら写真を用意しておけば、それも簡単に作る事ができ便利です。

既存のTシャツをリメイクしてオリジナルTシャツに

ここまでの方法以外に元からある既存のTシャツをリメイクしてオリジナルTシャツにする方法もご紹介します。これも様々あるのですが、例えば簡単な物で言うと裾の部分を短冊状に切り込みを入れて結ぶ方法や、肩の部分に切り込みを入れてボタンやスタッズ等で留める方法があります。これなら安価で購入した無地のTシャツをリメイクして作る事ができるので予算もかさまずに済むのも利点になります。袖を切り落としてしまったり、前面部分を切り開いたりと大胆にアレンジすれば元がTシャツだとは誰も思わないような作品に仕上げる事もできるので、オリジナルTシャツ作成する際には参考にしてみて下さい。もっと凝って作りたい人ならTシャツ自体は先述で紹介した業者などに注文して、出来上がった物をリメイクアレンジするというもの面白いかも知れません。